ADHDによるADHDの人の為のサバイバルツアー

ADHDの為のADHDによるサバイバルツアー。
ADHDは、もともと狩猟民族の末裔だったという説があります。
しかし、現代では「狩猟」を行うことはなかなか難しいです。
このツアーでは、スノーケルの基本を学び、
小笠原の海で合法的に「狩猟」を行う中で、
ADHDが自分に誇りをもって生きるきっかけとなるツアーです。

ADHDサバイバルツアーの内容

※ツアー内容は天候や、メンバーの傾向、主催者の思いつきによって予告なく変更することがあります。

1日目 スノーケルと素潜りの練習

初日はスノーケルと素潜りの講習をします。
スノーケルの基本を学び、素潜りの初歩を体験して、今後のツアーに備えます。

2日目 泳ぎ釣りと船上BBQ

泳ぎ釣りという泳ぎながら釣りをする狩猟で獲物をゲット!
獲った魚は船の上で焼いて食べます!

午後からは陸に戻ってシェアリングタイム

ADHDの自助ミーティングを行います。
皆様各自の体験を分かち合うと共に、ADHDの皆様が持っている生活パターン、行動のサイクルをみんなで一緒に研究する「当事者研究会」を行います。
当事者研究会とは、浦河ベテルの家で行われているSST(ソーシャルスキルトレーニング)のひとつのモデルです。

3日目 魚突きと船上BBQ

いよいよ魚突き!これぞ狩猟です。
とったどー!のあれを存分にやります。
※素潜りのレベルが魚突きができるレベル(水深5m程度)まで到達しなかった場合は泳ぎ釣りを行います。

とれた魚は船上BBQ!

午後は、沈没船や海中洞窟などの冒険をします。

4日目 無人島 南島上陸トレッキング

4日目は、小笠原の天然記念物、無人島の南島に上陸します。
最終日なので、なるべく濡れたくありません。

トレッキングをしたり、イルカを船の上からみたり、遊覧ツアーを行って、振り返りのミーティングを行って、ツアー終了です。

ツアー終了時には港にてお見送りさせていただきます。

ADHDサバイバルツアー開催予定スケジュール

小笠原に来るには最低、6日間のお休みが必要です。
どの日でもよいというわけではなく、小笠原丸の運行にあわせた休みが必要です。

小笠原丸は片道24時間かかります。
行きは11時出発、翌日11時到着、帰りは15:30出発、翌日15:30到着が多いです。
以下の開催予定スケジュールは、往復の小笠原丸も含めた予定表になります。
日程は6日間、うち、小笠原滞在は4日間になります。

カレンダーの左上の矢印をおすと、月が変わります。

ADHDサバイバルツアー料金

オープニング価格 10万円 → 8万円

料金に含まれるもの

乗船料、ボートツアー代、スノーケル講習代、素潜り講習代、泳ぎ釣り・魚突き講習代、保険料、南島上陸ガイド料、送迎、3点セット・ウエットスーツ・ウエイトレンタル・泳ぎ釣り道具・魚突き道具のレンタル費用

料金に含まれないもの

往復小笠原丸のフェリー代、宿代、食事代(お昼も含めて)、飲み物代

お問い合わせはこちらから

電話:04998-2-7775(月から土の8:00~20:00)
携帯:090-4171-7093(緊急時のみ)
ラインでのお問い合わせは「こちら」をクリック!

ツアーお申込みはこちら

お申込みフォームでかなり細かく入力をお願いしていますが、お客様のレベルやご希望にあったツアーを目指している為、お手数ですが、ご入力頂ければ幸いです。

このツアーを主催する理由

こんにちは、岡崎です。

私は現役のADHDのです。

病院で診察を受け、26歳ぐらいのころ、自分がADHDだと知りました。

今まで忘れ物が多かったり、衝動的に動いてしまったり、集中力が散漫だったりするのは、自分が駄目なやつだからだと思っていましたが、そうではないことに気づいてほっとしたことを覚えています。

しかし、気づいたところで、基本となる脳の仕様は変わりません。

私はかつて小学校教師をやっていました。

子供が好きだったし、教えるのも好きでしたが、平日昼間の天気の良い日に、教室の中にいなくてはいけないことが耐え難いことでした。

理由をつけて、屋上にいったり近くに川に子どもたちを連れていきましたが、校長先生ににらまれ、「なぜそれをしなくてはいけないのか」「安全管理についての計画書を指定日の〇〇日前までに出すように」と言われて絶望しました。

そんなこともあり、3年足らずで教師は辞めてしまいました。

その後、ホームページを作る仕事をフリーでしていましたが、小笠原に来た時に海の綺麗さや命の豊かさに驚き、何度も通うようになりました。

そして、宿で働いている時に、そのときのお客さんに、スノーケルや泳ぎ釣りを教えることがきっかけで海に関わる仕事をするようになりました。

私は特に、海が好きなADHDの人にこのツアーを受けて欲しいです。

なぜなら、自分がADHDでADHDの人の気持ちはよく分かるからです。

ADHDは確かに、忘れ物が多かったり、好きではないことには本当に集中ができませんが、本当に好きなこと、面白いことには凄まじい集中力を発揮します。

小笠原では合法的に、海の中で狩りができる環境があります。

このツアーをやるにあたって、東京都支庁様、小笠原島漁協様、観光協会様に許可を得た上で行っています。

ここが東京だとはおそらく信じられないと思います。それぐらいの海があり、更にここでやるスノーケル、泳ぎ釣り、魚突きは面白いです。

そのために、私は小笠原に住んでいるし、そのことを一人でも多くの人、特にADHDの人に知ってもらえたらと思います。

また、私は通院時代、たくさんの自助グループ、SSTに通い、また、ソースという自分のわくわくを中心にした生き方を行うセミナーのベーシックトレーナーの資格も持っています。

そのなかで得た知識、技術で、ADHDでもどのようにしたら、よりスムースに生活していけるか、を解明していく方法を知っています。

ひとことでADHDと言っても、多種多様であり、一人ひとり違います。
得意なこと、不得意なこと、もっている行動パターン、考え方、思い方、これらを同じような症状をもつ人のなかで、発表し、研究し、解明していくことは、面白い体験です。

是非、一度、体験頂けたらと思います。

よくある質問と回答

こちらに参加すればADHDは治りますか?

なおりません。こちらは医療機関ではありませんので、治療を目的とする場合はADHDを取り扱う医療機関に相談をおすすめします。
ただし、私の経験上、薬物治療はあまり効果がありませんでした。
リタリンという薬を処方され、服用しましたが、一時的に落ち着くもの、慣れてくれば効かなくなります。
それよりも、病気ではなく、仕様と考え、自分の行動パターンを知り、対処していくほうが私にとっては有用でした。

このツアーの中ではそうしたノウハウも少しシェアできたらと思っています。

こちらに予約すれば宿も船も含まれていますか?

いいえ、含まれていません。
当店は旅行代理店ではなく、いち観光ツアーショップですので、宿やフェリーの予約代行はできません。
ご自身での御予約をお願いします。

私は自分がADHDかどうか分かりません。診断してもらえますか?

いいえ、できません。
当店は医療機関ではなく、医師もないため、診断はできません。
専門の医療機関にお問い合わせください。

私自身はADHDではないのですが、ADHDの家族と一緒に参加することは可能ですか?

はい、可能です。
歓迎いたします^^

小笠原へは飛行機はないのでしょうか。

はい、ありません。
今のところ、1週間に1便の船のみとなっています。

お問い合わせはこちらから

電話:04998-2-7775(月から土の8:00~20:00)
携帯:090-4171-7093(緊急時のみ)
ラインでのお問い合わせは「こちら」をクリック!

ツアーお申込みはこちら

お申込みフォームでかなり細かく入力をお願いしていますが、お客様のレベルやご希望にあったツアーを目指している為、お手数ですが、ご入力頂ければ幸いです。