素潜りの学校の講習・ツアーの注意事項について※はじめにお読み下さい。

素潜りの学校の講習、ツアーをご検討頂きまして、ありがとうございます。

素潜りの学校の講習、ツアーには、いくつかの注意事項がございますので、予め、ご理解の上、お申込みをお願いします。

ツアーへのご参加条件

素潜りの学校の講習・ツアーへのご参加を検討していただきありがとうございます。
素潜りは奥深いスポーツです。

素潜りは「道」にもなりえる程、多くのものを学ばせてくれます。

反面、素潜りは、常に命の危険を伴います。
そのため、練習を必要とします。

そして、素潜りをやる前にスノーケルができる必要があります。
当店は、素潜りの学校であり、スノーケルの学校ではありません。

スノーケルができない方はある程度、ご自身で準備をしてきて頂く必要がございます。

スノーケルは気軽な遊びにみえて、実は死亡事故もとても多いです。
初心者がひとりでやるのはとても危険です。

最初は誰かに基本を習ってください。
身近に教えてくれる人がいない人は、内地で教えている提携業者を紹介します。

お客様の全ての状態に対応することには、限界がありますため、ご参加に条件をつけさせて頂いております。

ご参加条件

  • 12歳以上55歳までの方がご参加頂けます。(貸切の場合は多少、緩和されます。対象年齢外オプションの割増で人数を制限してお受けすることもございます。)
  • ハードな内容です。ドルフィンスイムはハードスポーツです。
  • 観光というよりも、冒険に近いツアーになります。

ご参加いただけないお客様

  • 心臓に関する疾患がある方
  • てんかんの症状はある方
  • 頭の手術をしたことがある方は主治医の診断許可書が必要
  • 妊娠されている方
  • 合法ドラック、覚せい剤等を使用されている方
  • 非社会的な団体に所属されている方
  • 日本語、または英語が通じないお客様
  • 難聴、または難聴傾向がある方は海に入る通常ツアーと講習へのご参加不可となります。※水面での指示がお伝えできず危険です。
  • スノーケル経験がない場合は必ず事前にスノーケルの基本的な講習をお受けにください
    スノーケル未経験の方は、講習を受けずに、通常ツアーする場合、イルカは船上からのウォッチングのみとなります。(スノーケルポイントでは、流れのない、船から離れないポイントであればスノーケルできますが、限られます)
  • ※入港日初日の講習を受ければ初心者様でもOKですが、なるべく来る前に、練習をされてきてください。内地での講習はトゥルーノースさん(浦安)がおすすめです。
  • 船長の指示を意図的に無視されたり、他のお客様にご迷惑をおかけする方はツアー途中でも、ご下船頂きます。
  • 未経験や初心者様にもかかわらず、そのことをお申し込み時に書かれない方。

パックでのご参加のお客様を優先させていただきます


当店のツアーは、1日ではなく連日ご参加頂くことで、価値を感じて頂けやすいものとなっております。
そのため、お客様によりご満足頂くために、パックでのご参加の方を優待させていただきます。

通常御予約は、2ヶ月前からお受けしておりますが、パックでのご参加のお客様は3ヶ月前からの御予約をお受けしています。※貸切は半年前からの御予約をお受けしています。
また、繁忙期や、同時にお申し込みがあった場合はパックのお客様を優先的にお受けさせていただきます。

ウエットスーツ着用のお願い

当店の講習、ツアー中は冬夏問わず、ウエットスーツの着用をお願いしております。
その理由としては

  • 浮力確保(安全管理上)
  • 日焼けからの皮膚の保護
  • 洞窟等における怪我の防止
  • カツオノエボシなどの有毒くらげからの保護

となります。

既に何度も素潜りの学校のツアーにご参加頂いているお客様については、
お申し出があれば、問題なしと船長が判断した場合
または素潜りの学校認定スノーケラーは、ウエットスーツを着ないで泳ぐことをOKすることがございますが、
初めて当店のツアーにご参加のお客様は基本的には、必ずウエットスーツの着用をお願いします。

ウエットスーツの着用をお願いする理由

大きく分けて3つあります。

・皮膚の保護
・保温
・浮力確保

海は何もかもが思い通りにいきません。
岩や、珊瑚に触れただけで、すぐに怪我してしまいます。

有毒な生き物に刺されたり、噛まれたりする可能性もあります。

流されてしまったり、また、水を飲んでパニックになることもあります。
ウエットスーツを着ていれば、ウエイトを外せば、それがライフジャケットの代わりとなります。

守られた安全なプールではなく、野生の海に冒険に出るのであれば、
自分の身を守ることについては万全でなければなりません。

ツアー、講習の際に危険についての説明は当然させていただきますが、
起こりうる危険のすべてを説明しきることは不可能です。

様々な状況に備えて、お客様の安全をお守りする上で、ウエットスーツ着用して頂くことが
現時点では、最良と考えております。

ご理解頂ければ幸いです。

ツアー中は基本的には素潜りをお教えできません。

当店、ツアー中は基本的には講習をしません。
素潜りを学ばれたい方は、入港日初日の「スノーケル・素潜り講習」を受講されてください。

素潜りの学校パック参加の方の場合であれば、初日で基本をお教えし、その後のツアー中に、船上からのアドバイスすることは可能です。

12歳のお子様がいらっしゃる場合は貸切でのみお受けさせて頂きます。

12歳以下のお子様がいらっしゃる場合は、貸切でのみお受けしております。
小さなお子様の場合、ボートツアー自体が過酷であったり、南島上陸等が危険だったりします。

体が小さい分、冷えやすい酔いやすい疲れやすいなど、他、大人に比べて配慮を必要とすることが多く、
ツアーそのものをお子様中心に設計せざるを得ません。
ご理解頂ければ幸いです。

スノーケル未経験でいきなりドルフィンスイムでイルカと泳ごうとするのは危険です。

ドルフィンスイムというのは、かなり高度なスノーケルになります。
足が届かない外洋で、流れも早く風もたち、場合によっては波も高いです。

ドルフィンスイムは観光ではなく、ハードなスポーツです。
観光ついでに、イルカとでも泳いでみるか、と思っていらっしゃるとミスマッチとなります。

スポーツですから、当然、練習が必要ですし、基本的なことができていなければ、命の危険があります。
体力も必要です。

準備不足の場合、最悪死ぬこともあり得る為、船長判断で海への入水が許可できないケースが有り得ります。
最低でも、「スノーケルクリア」「マスククリア」「フィンキック」ができる必要があります。

スノーケル未経験の方、初心者の方、ブランクがある方は、入港日初日の講習をお受け頂ますようにお願いします。

小笠原に来る前にスノーケルの基本はマスターして、海でスノーケルの経験を積んでからいらっしゃると、小笠原のたぐいまれなる海を120%楽しめます。

スノーケル未経験初心者様へ