スタッフ募集:ガイド兼船長を募集

誰もやったことがないことをやりたい。

そう思っているなら、あなたは素潜りの学校に向いています。

なぜなら、素潜りの学校は、他の誰もやってないことがやりたいからです。

まだ誰も見たことのない景色を。思いつかなかったルートを。

新しい世界を。感覚を。探して、夢見て、素潜りの学校は旅の真っ最中です。

このページは、そんな旅への、招待状です。

素潜りの学校の船って、どんな船なの?

画像の説明

素潜りの学校自己所有艇、アルバトロス号。
2015年進水、90馬力×2機のトイレ付新造船。
梁が厚く重さ2tあるため、通常のこの形の和船に比べて、
波きりもよく、2段階ステップハルのため、横風を受けない限り、ほとんど水しぶきをかぶりません。
最高速力は40ノット(時速約60km)。
新型のスズキDF90に組み込まれたリーンバーン機構のため、燃費が良いので、わりと遠慮なくかっとばせます。笑
喫水が浅い為、南島にも楽々入れます。嫁島まで最短で70分程度。かなり速い部類の船だと思います。操船していて気持ちよい船です。
海に入りやすく、上がりやすい。素潜りの為に設計された船です。

最初はみんな未経験の素人です

いきなり船長をしなくても大丈夫です。
操船業務経験があったとしても、最初は乗り子として、アシスタントをしてもらいながら、浅瀬の場所や、緊急時の対応、日々の仕事を覚えて下さい。
船長未経験の方は、ガイドから始めて、徐々に船に慣れながら、無理なく段階的に操船業務を学んでください。
最初はみんな未経験の素人です。命をお預かりする責任ある仕事です。十分に準備をしましょう。

まずはガイド、いずれは船長。

準備期間を経て、いずれは一人でガイドから操船までを行える人を募集します。

募集要綱

業務 ボートツアー観光業
職種 ドルフィンスイム ボートツアーガイド、スノーケル・素潜りのトレーナー、船長業務
※ボート業務未経験者はインターンからスタート可
期間 長期
資格 普通自動車運転免許(MT)、小型船舶免許、22歳以上35歳までの健康な方、海や船、イルカと人が好きな方
時間 1日8時間前後 7:00~16:00
休日 月休6日間 おがさわら丸出港中1日
給与 当社規定による 経験・資格により
待遇 寮あり 労災、雇用保険加入。健康保険と年金については、各自国民健康保険と国民年金に加入。ツアー保険・賠償責任保険等完備。研修期間有。
応募方法 応募フォームからご応募ください。

 

小笠原の海の魅力

イルカと泳ぐことやクジラをみることを目的に小笠原に来る人が多いですが、小笠原の海はイルカ以外にも、海中洞窟、沈没船、マンタやマグロなどの巨大な魚、魚群、アオウミガメと泳げる、海底火山爆発による地形などの、様々な魅力的な側面を持つ海です。

素潜りの学校のツアーでは、自分達が日々、海で遊び、そのなかで見つけたものをご案内します。遊びましょう。

無数にある海中洞窟

第二次大戦で使われた沈没船

アオウミガメと泳ぐ

冬場はザトウクジラも現れる

横幅4mあるマンタと泳ぐ

1m以上もあるイソマグロと泳ぐ

4800万年前に起きた海底火山爆発の溶岩を見ながら泳ぐ

これはまだまだほんの一部。

この海にはまだまだ見たことないものがたくさんあります。

見つけ出しましょう。一緒に。

素潜りの学校で船長になるメリット

「海の生き物とふれあえる!」

海が仕事場になります。フェリーの乗組員、屋形船など、海上で行う仕事はたくさんありますが、素潜りの学校の仕事ほど、海の生き物とふれあえる仕事はなかなかないと思います。

「小笠原に住んでますって言える!」

小笠原父島に住むことができます。小笠原に住んでるっていう自己紹介だけで、一目置かれます。役得です。

「休みも海で遊べる!」

休みの日、船使っていいですよ。自由に乗り回して下さい。そしてたくさん遊んで下さい。
貸切イルカで泳いだり、クジラの鳴き声を録音してパターン解析したり、潜ったことのないポイントで思わぬ海中風景に驚いたり、朝から晩まで魚突きして、たくさん魚を捕ってきて、友達同士で鍋したりBBQしたり。

夕日を音のない海、船の上からのんびり眺めたり。満月の凪ぎの夜に月に照らされた海を滑るように走ったり。
嫁島や母島に遊びにいったり。マッコウクジラを見に行ったり。

そんな遊びがここではできます。こんな遊びは、10万円払ったって、なかなかできません。
そんな遊び目的で来てもらっていいです。そういうことをしたい人にこそ、来て欲しいと思います。

「船の操船やメンテナンスを学べる!」

船舶免許の実技講習って6時間程度じゃないですか。あんなんで船なんて運転できるようにならないし、何かあったときに、全く対処できません。
よくあんなんで、免許発行するなぁと思うのですが、免許とったぐらいで、船をいきなり持ったって、どうにもなりません。

船を操船するには、浅瀬の場所や、エンジンのこと、法律、ローカルルール、緊急時のトラブル対応、船長同士のつながりなど色んな知識と経験、人間力が必要となります。

そして、これらはお金を払ってでさえ、学べるところが皆無です。お金を払っても誰も教えてくれません。探してみて下さい。
それがここでは、仕事として、お金をもらいながら学べます。

 

素潜りの学校で船長になるデメリット

・船長としての業務中は、ツアーや船上で起こることの全ては基本的には船長の責任となります。最近では、判例でも、参加者の自己責任を認める判例もでてきていますが、それでも、最低限の当たり前の、危機管理責任を船長、ガイドが果たしていることが前提です。命を預かる仕事です。

・体力仕事です。逆に言えば、この仕事を続けられれば体力がつきます。

・内地から遠いです。気軽に親や、内地の友達と会うことができなくなります。島には映画館もなく、カラオケボックスもボーリング場もなく、おしゃれなブティック、はやりのカフェもありません。
でも、通勤ラッシュとは無縁です。寮から職場まで歩いて5分くらい。そこから船の留場まで3分くらいです。

船長に向いている人

以下のうち7つ以上当てはまれば、うちの船長に向いてます!!!!!!!!
・人が好き
・海が好き
・船が好き
・機械が好き
・とてつもないものが好き
・臆病
・心配性
・自分で見たものしか信じない
・乗り物が好き
・運転が得意
・乗り物系ゲームが得意
・冒険が好き
・モアナが好き
・インディージョーンズが好き
・ディズニーランドが好き
・イルカが好き
・地球が好き
・人を楽しませるのが好き
・人の夢を叶えるのが好き
・素潜りが好き
・魚突きが好き
・英語がしゃべれる
・南島ガイドをもっている
・小笠原に1年以上住んでいる
・車の免許(MT)をもっている
・体力がある
・いくらでも泳いでいられる
・水中写真が得意
・情報発信が好き
・実はユーチューバーである
・ホームページを作るのが得意
・メールが得意
・ラインが得意
・ディズニーランドで働いたことがある

閑散期にやること

ツアーがない日、お客様がこない時、閑散期などには、海や船の仕事以外にも
ホームページをつくり、広告収入を得るアフィリエイトや
不要品買取などの便利屋、他、同時並行で新規事業を行っています。

そちらの仕事を手伝って頂くこともあります。
収益が上がった分は、お支払いするお給料に反映させます。

追伸

この仕事は人を幸せにできる仕事です。

お客様は楽しむ気満々で来ていらっしゃるので、ちょっとしたきっかけてすごく楽しんでくれて喜んでくれます。

イルカと泳げたとき、そしてツアーが終わるとき、時々この曲を流しています。

Happiness is here。

幸せはここにある!

素潜りの学校のツアーは、人を幸せにするツアーでありたいと願っています。

ディズニーランドのような、人や自分や世界が輝いている見える、そんな瞬間を作り出したい。

それが素潜りの学校のツアーであって欲しいと願っています。

この仕事は、人の夢を叶えることができる仕事です。

イルカと泳ぐこと、小笠原に来ることを夢見て、みなさんいらっしゃいます。

小笠原に来る人を幸せにすることほど、簡単なことはありません。

なぜなら、みんな、幸せになる気満々、楽しむ気満々で小笠原にやってくるからです。

楽しませるつもりが、楽しませてもらっていたということがよくあります。

もちろん、海の仕事は楽しいだけでは無い、大変なこともたくさんあります。
ディズニーランドと違うのは、海は人が死ぬ可能性があるということです。

人を死なせない為に、様々な状況を想定して、準備をしなければなりません。
そしてこれらの努力のほとんどは、表に出ることもなく、誰かが褒めてくれることもありません。

でも、人を楽しませることに夢中になれた時、いつのまにか、自分が幸せに包まれていることに気づきます。

追伸2

島に住んでいる方で過去にガイドを経験されている方、

素潜りが得意、ドルフィンスイムに何度も行かれている方へ。

メインのスタッフが体調を崩したときなどに、臨時に入っていただける非常勤のガイド様を探しています。

また、船の準備と片付けだけをしていただけるアルバイトの方も探しておりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

追伸3

完全未経験だけど、海の仕事をしてみたい方へ。

私もかつて20代のころ、海の仕事をしたいと思った時期がありましたが、海の仕事経験がまったくなかったため、どうせ無理だと、応募する前に諦めてしまいました。

採用する側にたって、分かることとして、確かに、何も経験がない方は難しいは難しいです。

しかし、方法はあります。

まず、ツアーに参加しましょう。何度も参加してみてください。

そのうちに、スタッフの動きなどが見えてきます。

顔見知りになったら、ちょっとやってみたい旨、話をしてみてください。

まずはインターンからやってみましょう、という話にもなるかもしれません。

好きのことであれば、すぐに諦めるのではなく、好きのまわりをうろうろしてみて下さい。笑

きっと、なにかしらの道があるはずです。

海の仕事に慣れていなくても、海や船になれているのであれば、なんらかの形でお手伝い頂くことは可能です。

そこからじわじわとやりたいことに向かって近づいていけるかもしれません。

お問い合わせお待ちしています。