素潜りの学校 研修生(インターン)募集要項

研修生は将来、ボートツアーのガイドや船長を目指す人が、実際の業務を通して、仕事を覚える場です。
無料で小笠原の海やドルフィンスイムを体験するための「お得な制度」ではありません。
ボートツアーの仕事を真剣に学びたい人が、実地で体験しながら学ぶ為の制度です。

海の仕事を実地で学べる機会はそう多くはありません。
危険を伴う仕事であり、命を預かる仕事でもありますので、然るべき態度で臨んでください。
イルカと泳ぐ以外にもメンテナンスや準備、片付け、イルカを探すなど、地味な仕事がたくさんあります。重い荷物(10kg程度)を運ぶこともあります。あらかじめご了承ください。

素潜りの学校 研修生(インターン)募集要項

費用 研修費は1航海(小笠原丸入港から出港までの4日間を1航海と言います)につき初回5万円、以降3万円がかかります。
1か月以上の研修の場合は研修費は無料
ただし、保証料(デポジット)として5万円が必要
※デポジットは問題がなければ、研修終了後、すみやかに返却します。
※1か月未満でやむなく研修終了となった場合、1か月未満の研修として、有料研修となり、研修期間分の料金を差し引きます。海のボートツアー業務経験者には、経験の度合いにより、謝礼が支払われることがあります。謝礼額は船長と相談の上、決定します。
定員 各ツアーにて1名まで
宿泊 基本的には自己手配(事務所は奥村地区にあります)
費用は自己負担
寮が空いている場合は使用可能ですが1泊3500円(ガイド・研修生ではない場合1泊11000円)かかります。
研修期間1か月以上の場合は寮費無料。ただし、研修費と同様、宿泊のデポジットとして、3万円が必要。
こちらも研修が問題なく終了すれば、速やかにご返却します。
研修内容 ガイド:
ガイドの心得
ボートツアーの準備と片付けのポイント
ボートツアーで行うロープワーク
ボート上でのイルカ、クジラ探し方
お客様に喜ばれるツアー中の映像撮影方法
参加者が侵す危険と、その安全管理対策方法
ナイトツアーのリサーチ、ツアーのやり方
他、付帯する内容
船長:
船長の心得
ガイドの項目に加え
天候チェック方法
ボートツアー前のボートセットアップ、チェック項目
エンジンのトラブル例とメンテナンス方法
台風養生のやり方(トレーラーによる上架、南京結び)
ツアー中のチェック項目
他の船長とのやりとり方法
他船とのすれ違い等のルール
イルカへのアプローチ方法
ぶつかる浅瀬とぶつからない浅瀬の違いとは
他、付帯する内容
資格 ・20歳以上35歳までの健康な方
※船での仕事は、朝早かったり、重いものをもつなど、体力が必要な仕事となります。
体力がない方は、体力をつけてからご参加ください。・未成年は不可です。・スノーケルの基本的な技術(スノーケルクリア、マスククリア、フィンキック)をお持ちの方・素潜りで5m以上潜れる方・ボートツアーにおける、船長またはガイドを目指している方
ご注意 ・研修を開始する前に研修生同意事項にご同意を頂く必要があります。
研修後の展望 1、素潜りの学校の正式スタッフ

素潜りの学校のスタッフ枠に欠員があり、給与・待遇面、方針等で双方の同意がとれれば、研修後、素潜りの学校の正式スタッフとして、働いていただくことが可能です。

2、素潜りの学校の暖簾分け店長

素潜りの学校の別エリアでの支店の店長として、営業していただくことが可能です。支店には素潜りの学校独自の集客技術、運営ノウハウを投入させて頂きます。
いろんな島、いろんな海を渡り歩く素潜りの学校のツアーができたら素敵ですね。

3、素潜りの学校認定ガイド・トレーナー

一定の基準を満たすガイド、トレーナーに対して、認定を行い、当店のHPで第三者が確認できる形で表示し、推薦します。
また、当店のお客さまで、該当エリアでのガイド、トレーニングを希望される方には紹介します。