ドルフィンスイムの練習としてのスノーケル・素潜り講習

スノーケル・素潜り講習の概要

料金 12500円
(繁忙期は+3500円)
※他レンタル代などは料金表をご確認ください。
開催日 小笠原丸入港日の午後半日
13:00~15:00
持ち物 水着着用、タオル、軍手
※他、3点セット、ウエットスーツ、
ウエイトが必要ですが、レンタル可能です(有料)、
軍手レンタルは無料。
送迎車には濡れたままお乗り頂けるので
着替えは不要です。
水着は着用していらしてください。
送迎 有り
※宿の前でお待ちください。
お迎えの時間は宿のエリアによって異なります。
小港・扇浦エリア12:40、
奥村エリア12:50、
大村エリア12:55
受講資格 ・12歳以上、55歳までのお客様
(18歳未満の場合は、泳げる保護者さま
子供1一人に対して、大人一人以上同伴のこと)
・日本語が理解できるお客様、または、
通訳できる同行者様がいらっしゃること
・学校授業で水泳を習ったご経験がおありの方
※プライベート講習では上記の条件を
満たしていなくても受講可能な場合があります。
お問い合わせ下さい。
・講習は当店のツアーご参加のお客様のためのものですので、講習のみのご参加ですと、後にツアー中に行うフォローができませんため、十分に価値をお渡しできないことから、講習のみご参加のお客様は、残席少ない場合または、ツアーまでまだ期間が空いている場合には、ご参加をお断りしております。申し訳ありませんがよろしくお願いします。
内容 ・スノーケルの基本
(危険生物、
スノーケル器材の基本的な使い方、
スノーケルクリア、
マスククリア、
フィンキック、
水面で浮く練習)
素潜りの入門
(耳抜き、息どめ、ジャックナイフ)
※全てドルフィンスイムの練習を想定しています。

目次

イルカと泳ぐ前に、練習しておかなくて本当にいいんですか?受けなきゃ損する素潜りの学校のスノーケル・素潜り講習

基本的に入港日に毎回行っているのが
スノーケルと素潜りの講習です。
スノーケルの基本、素潜りの入門を体験することで、
野生のイルカと出会った時に、楽に、楽しく、イルカと遊べる体になることを目的としています。
つまりただのスノーケルの講習、素潜りの練習ではなく、
「ドルフィンスイムの練習として」のスノーケル、素潜り講習です。

当日、宿までお迎えにあがります。
(翌日からのツアーでは青灯台集合です)

内容として

・スノーケルの基本的な使い方

・スノーケルクリア
・マスククリア
・フィンキック

・素潜りの基本的な練習方法

・耳抜き
・垂直方向のフィンキック
・ジャックナイフ

の3つに分かれています。
また、毎回ではないですが、日により

・ストリームライン(水の抵抗を限りなく少なくする姿勢)の作り方
・素潜りで長く息を止めるための呼吸法
・ドルフィンキックの力の抜き方 練習方法

などもお伝えしていますが、
これはその日のお客様のレベルやご要望によります。
私がいろいろなスノーケル講習、素潜り講習を受けてきた中で、
良いと思った部分のみを抽出して、
初心者でも簡単に最短で素潜りができるようになることを目的に作った、
オリジナルの練習プログラムです。

ぜひ、受けて頂けたらと思います。

画像の説明 画像の説明

 

ドルフィンキック 練習の様子

ドルフィンキックには2種類あります。「足から波を作るウエィビング」と「胸を前後することによって波を作るウェイビング」です。どう違うか、というお手本です。

足から作るウェイビング

まずは足から波を作るウェイビングです。とてもきれいに潜れているのですが、足から波を作っている為に、膝が曲がりやすく、結果として、水の抵抗が強くなり、スピードがでません。これだと通常のフィンキックより疲れてしまい、長時間ドルフィンキックで泳ぐことができません。

胸から波を作ると、膝が曲がりにくく、竹のようにしなることで、水の抵抗が少なく、少しの力で楽に進めます。肩甲骨をリズミカルに羽ばたくように後ろに引くのがポイントです。

自己流でドルフィンキックをやる人のほとんどが、足からウェイビングを作っています。結果として、普通にフィンキックするより疲れる泳ぎ方になっています。

胸から波を作るには、自己流ではなく、すでにできる人に、肩甲骨を上下するタイミングを教えてもらうこと。(泳ぎながら合図してもらわないとなかなか分からないです)また、自分で自分が泳いでいる姿を見つつ、自分の思い描いている姿と実際を見比べながら、何度も練習していくことが必要です。(ほとんどの人は自分が思っているより、膝がまがっています)

胸から波を作ると、本当に楽に、速く泳げるようになるため、イルカと泳ぐのも楽になりますし、素潜りがとても楽しくなりますよ^^

素潜りの学校のスノーケル・素潜り講習を受けるメリット

素潜りの学校のスノーケル・素潜り講習を受けるメリット は3つあります。

・スノーケル初心者でも、基本から学べて、ドルフィンスイムの準備ができる。
・翌日以降の素潜りの学校のツアーに参加される方は、レンタル機材が自分に合ったものかどうかを予め調整できる。
・連続して、素潜りの学校のツアーに参加される方同士、仲良くなれる。

ひとつづつお知らせします。

スノーケル初心者でも、基本から学べ、ドルフィンスイムの準備ができる。

小笠原にいるイルカのうち、ミナミハンドウイルカは一緒に遊んでくれることが多いイルカですが、基本的には水面で浮いているより、水中にもぐる人のところに寄って来ることが多いです。

したがって、スノーケルはもちろん、多少、潜れるほうが、イルカと遊べやすいです。

10mも20mも潜れなくて大丈夫。
基本的には5m程度で、時と場合によってはイルカは十分、絡んでくれます。
ただし、調教されているわけではなく、野生生物なので必ず、遊んでくれるとは限りません。

翌日以降の素潜りの学校のツアーに参加される方は、レンタル機材が自分に合ったものかどうかを予め調整できる。

画像の説明 画像の説明

フィンとマスクなどのレンタル機材ですが、
ぴったりのサイズなものはなかなかなく、大体、少し大きいか小さいかです。

初日に、試して調整していただくことで、ツアーでぴったりのものを使ってドルフィンスイムなどに挑むことができます。

また、素潜りの学校のレンタルマスクは、すべて曇らないための独自の細工がしてあります。

素潜りの学校開校以来、マスクが曇ることをどうしたら解決できるか、ずっと悩みの種でした。

海に入っても、透明度がよくても、イルカがいても、講習をしても、マスクが曇っていて、前が見えなければ台無しです。

しかし、これがなかなか解決せず、歯磨きで磨いたり、ライターの火であぶったりしても、完全な解決には至りませんでした。

それが、ある仕掛けをすることで解決しました。そのマスクもお試し頂けますし、講習参加頂いた方には、その種明かしもしてしまいます。

連続して、素潜りの学校のツアーに参加されるお客様同士、仲良くなれる。

素潜りの学校では、連続してツアーに参加されるお客様が少なからずいらっしゃいます。

そんなか、初日から参加されるお客様同士が仲良くなって、
ツアーに参加されることも多く、帰るころには友達のようになります。
帰りのおがまるで一緒に飲んだり、内地に帰ってからも、
ちょくちょく飲み会をされているようです。

これも3日間、同じ島に同じメンバーでいるという
特異な環境の小笠原、更には、毎日違う内容の素潜りの学校パック
ならではのものだと感じています。

電話:04998-2-7775(月から土の8:00~20:00)
携帯:090-4171-7093(緊急時のみ)
ラインでのお問い合わせは「こちら」をクリック!

 

お申込みの流れ

1.空き状況の確認 スケジュールのページ最下部で空き状況が確認できます。お電話での確認も可。
2.申し込みフォーム または お電話から申し込む
3.予約完了通知メールの受け取り
4.当日13:00前後、宿にお迎え
5.講習受講
6.宿までお送り

必要な持ち物

・水着着用
・講習代
・飲み物
・タオル
・ウインドブレーカーなど風を通さないぬれてもよい羽織るもの(10月~6月頃)
・軍手

以下はレンタル可能
・3点セット
・ウエットスーツ
・ウエイト

お客様の声

動画にてお客様の声をいただきました。

 

お客様の声「素潜りが大好きな反面、耳抜きが苦手でした、しかし、船長さん(岡さん)が私が潜る度に細かく、いくつものパターンのアドバイスをして頂き、今ではズバズバ耳抜きが出来ます。」

 

「母と私と弟の3人で4日間参加させて頂きました。
私自身、素潜りが大好きな反面、耳抜きが苦手でした、しかし、船長さん(岡さん)が私が潜る度に細かく、いくつものパターンのアドバイスをして頂き、今ではズバズバ耳抜きが出来ます。初心者はもちろん、素潜りが得意だ。って方も技量により調整して細かいアドバイスをして下さるので、潜れる様になりたい。もっと上手くなりたい。などなど様々な方にオススメです。実際、ツアーが一緒だった初心者の方も、2.3mぐらいなら潜れる様になっていました。
船長さん自身、潜れる方なので自分の潜っている姿を後ろから(あるいは横から)撮影して貰って自分で潜る姿勢やフィンワークを見直すだけでも大幅に上手になると思います。(私はこの方法でフィンワークを見直す良い機会になりました。)

私がツアーに参加させて頂いた時は、岡さんの他に2日目の女性のガイドさん、3日目の男性のガイドさんがいらっしゃいましたが、3人とも接客がお上手で人見知りなお客さんにも積極的に話かけていて、特に2日目はお客さんが多く、海もシケていて船酔いする方も多かったにも関わらず女性のガイドさんが一人一人に気を使って下さっていて雰囲気もとても良く、最後は皆さんとても楽しそうでした。」

お客様の声「シュノーケリングや素潜りは初めて初めてだったのですが、講習でじっくりと教えて頂けたので、いざイルカと泳ぐ際にも慌てずイルカを近くで見ることが出来ました♡」

半日講習、Aプラン、ナイトツアーでお世話になりました。
初めての小笠原、せっかくだからイルカの近くで泳ぎたい!と思い素潜りの学校に申し込みました。
シュノーケリングや素潜りは初めて初めてだったのですが、講習でじっくりと教えて頂けたので、いざイルカと泳ぐ際にも慌てずイルカを近くで見ることが出来ました♡
波が高く、南島の上陸が難しい日だったのですが、船長の素晴らしい操縦のおかげで、貸切状態の南島を楽しめました。
ナイトツアーでは、質問に何でも詳しく説明してくれました!
少人数のツアーのため、他の参加者の方とも色々とお話出来て、とても楽しく過ごせました♡

お客様の声「シュノーケルは慣れていたので、簡単にできるだろうと思っていましたがいざやってみると全然ちがいました!
あまり自分を過信しすぎてはいけないな、と反省。笑」

講習、A、Cプランに参加しました。

講習については、
ひと枠あいてるとのご連絡を入港日にいただけて参加することができました。
何も予定を決めてなくてどうしようかと思っていたのでありがたかったです。
シュノーケルは慣れていたので、簡単にできるだろうと思っていましたがいざやってみると全然ちがいました!
あまり自分を過信しすぎてはいけないな、と反省。笑
難しかったけれど、わかりやすく丁寧に教えてもらえたので安心して練習することができました(^^)

Aプランではイルカと一緒には泳げなかったけれど、クジラが見れたり、素潜りし放題で大満足でした!

色んなポイントで、全く違う表情をもつ小笠原の海に潜ることができて、
さすが世界自然遺産だなと感動するばかりでした。

私は、ライセンスを持ってないので体験ダイビングとかよりも、好きなように海に入れる素潜りの方が面白かったです(^^)

Cプランの魚突きや泳ぎ釣りは潮の流れのせいもありなかなか難しかったですが、私が出来なくてもおかちゃんが獲ってくれたので無事お昼にありつけました笑
お魚さん命をありがとうって感じでした〜

また、たまたま私ひとりだったのでわがまま言って
前日のcプランで特に気に入ったツバメウオのポイントに連れてってもらえて本当に幸せでした!
興奮してる間に、8mくらい潜れるようになってて自分でもびっくり。

家に帰ってからは自慢しまくりでした〜

大好きな海を心から楽しむことができたツアーでした(^^)
また小笠原に行った時は、ぜひお願いしたいと思います!ありがとうございました。

お客様の声「素潜りのポイントを3段階に分けて、さらに段階ごとにアドバイスをいただけて、一度に1つのことしかできない私にとってはとても助かりました。」

お客様の声を頂きました!

画像の説明
「最終日に素潜り講習をしていただきました!
最後もボートツアーで締めようと思っていましたが、海が荒れ模様だったため中止に。
しかし、予定を変更して素潜り講習を受けられることになり、最後まで海を楽しめました!
素潜りのポイントを3段階に分けて、さらに段階ごとにアドバイスをいただけて、一度に1つのことしかできない私にとってはとても助かりました。
その場で動画を撮ってもらい、自分の潜っている様子を見てどこを意識すれば良いか教えていただけたのは、とても良かったです。
ビビりながら潜っていた私に安心するよう何度も声をかけていただき、安心して練習できました。
さらにとてもフレンドリーな雰囲気で、初対面でもすぐに打ち解けられました!
これを機に、海に行った際は誰かに見てもらいながら素潜りの練習をして、また小笠原に行くきっかけにしたいです!

2016年 3月に訪問」

 

おかちゃんに習って潜るのが上達して体で感動している様子をみて母ちゃんとして感謝感激をしております

画像の説明
おかちゃんへ
小笠原から帰ってから慌しく台風も過ぎ去り島に行ったのは夢だったのかと思うけど、おかちゃんの送ってくれたイルカと泳いでる写真や動画を見ると現実だったな。と
改めて感動させられます。タカシは、おかちゃんの写真・動画を見て素直に喜ぶのとおかちゃんに習って潜るのが上達して体で感動している様子をみて母ちゃんとして感謝感激をしております。ララも念願イルカと近くで泳げる様になり最終日にはサメとまで楽しく?泳げたり、なまこまで取り海女さんになれそうな素質まで導いていただいたと思います。本当にありがとうございました。次回は(来年はララが高校受験で無理だから再来年)タカシがジャック・マイヨ ールみたく深く潜れるようなるのとララはイルカとくるくる遊べる様になるのとアキラがとらえず3メートルは潜れるようになるのと母がトド泳ぎを直す事をおかちゃんに依頼したいと思ってます。

小笠原にまた行けるように勉強をがんばります。また会える事を楽しみにしています。  ららより+
元気ですか。ありがとうございました。  あきらより

 

「子供のころ、いきなり自転車に乗れた、あの感覚です。驚きました。」

画像の説明
<講習について>
呼吸法や手の使い方など、大変具体的で分かりやすい講習でした。最初は、ともかく3m程度の海底にたどりつく、という有様でしたが、呼吸や体の使い方のコツを教えて頂くうちに、あれ?という感じで楽に水深6m程度まで行けてしまいました。

子供のころ、いきなり自転車に乗れた、あの感覚です。驚きました。
機材に頼らず自分の能力の範囲で潜るのは、自由で楽しいですね。
とても幸せな解放感を感じました。

<シュノーケリングスポットについて>
小笠原は浅い所にサンゴ礁がたくさんあって美しいですね。
水深が浅いので、むしろダイバーよりもシュノーケラーの領域でしょうか。
特に、シュノーケルツアー中にいった洞窟は、非常にダイナミックで、あのような場所をタンクを背負わずに自力で潜れたのは、講習のたまものだと思います。
ダイビングの時よりも集中しているのか、写真がよく撮れていました。(笑)

小笠原、ぜひ、再訪したいと思います。

画像の説明

電話:04998-2-7775(月から土の8:00~20:00)
携帯:090-4171-7093(緊急時のみ)
ラインでのお問い合わせは「こちら」をクリック!