プロフィール

素潜りの学校の成り立ち

素潜りの学校ができたのは、2009年。
当時はまだ宿でヘルパーをしていた代表が泳ぎ釣りを、当時、宿に泊まっていた子どもに教えたことが始まりでした。
その子は自閉症でした。朝、挨拶しても返事をしませんでした。
昼のお休みに、その子の母親から泳ぎ釣りを教えてあげてほしいと言われたので、できるかどうか、分かりませんでしたが、試しに教えて見ました。

2009年、宿で働く合間に泳ぎ釣りを教える

最初はおそるおそるでしたが、だんだん、その子がスノーケルを楽しみ、泳ぎ釣りにのめり込んでいきました。
その日、釣れた魚を宿にもっていき、鱗をとるところまで、教えながら、その子自身にやってもらい、宿のオーナーに唐揚げにしてもらいました。

その子はその魚を得意げに、おいしそうに食べました。後から魚はあまり好きではないと聞きました。
そして、その翌日、なんと、むこうから私に挨拶をしてきました。驚きました。その子の親も驚いていました。
何かが動いたんだなと思いました。

私は、その子に何もしていません。ただ、海に連れて行っただけです。
死なないように見守っていただけです。

海が、何かを、その子にしたんだと思います。
海を通して、その子の何かが、目覚めたのだろうと思います。

短期間でしたが、それでもその子は、心開いていくのが分かりました。

なんと楽なんだろうと。
小笠原の海につれていけば、あとは勝手に小笠原の海が、人を癒してくれる。

小笠原の海には、人を癒やし、目覚めさせる力がある。
ただ、連れていけばいい。
死なないように見持っているだけでいい。

それから、小笠原の海をご案内する機会が急激に増えていきました。

2010年~ 小笠原サマーキャンプの開催

画像の説明

2010年、当時はまだ「海と生き物の学校」という団体名で、ハンディを持つ内地の子供と、小笠原に一緒に来て、スノーケルを練習したり、イルカと泳いだり、泳ぎ釣りをして、料理して食べるサマーキャンプを2回やりました。
(1回目はハンディをもったお子様、2回目はハンディをもたないお子様のサマーキャンプでした)

やはり、来た子どもたちは、大きく成長して、戻っていくのを目の当たりにしました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明 画像の説明

2013年~ 1日1組限定のご家族中心オーダーメイドプライベートツアー

そして、それ以降、島に来た観光のお客様にスノーケルと素潜り、泳ぎ釣りを教えるようになり、最初は家族貸切中心のツアーを行っていました。

画像の説明 

ご家族の1家族のお客様、カップル様に限定したツアーで、他のお客様に一切気を使う必要がなく、内容もオーダーメイドで事前にやりとりを行うプライベートツアーは、当時、小笠原では他にやっている業者さまがなく、大変、ご好評をいただきました。(※現時点でも、ご家族、カップル、お仲間お友達の貸切ツアーは「オーダーメイドプライベートツアー」として、お受けさせて頂いていております。詳細はこちら→オーダーメイドプライベートツアー

お客様がやりたいこと、体験したいことを中心としたツアーは、お陰様で少しづつ、口コミでお客様が増えていきました。
しかし、当時、まだ船がなく、ビーチエントリーが主体でした。陸からのエントリーではやはり行けるところが限られており、もっと、色んな海中景色を見せてあげられたらなぁと思い始めました。

やがて、ボートを島の方からお借りできるようになり、ボートでのツアーもやるようになりました。
そうして、借りたボートでツアーをするようになって、だんだんと自分の船でツアーをやりたいと思うようになっていきました。

2015年~ ボートツアースタート

2015年、運良く、係留場所の順番が回ってきて、ボートの置き場を持つことができました。
スノーケルと素潜り、ドルフィンスイムがしやすい、クジラを間近でみやすい、ケータ島や母島にも遠征できる、和船ボートをカスタムで、1から作ってもらい、進水しました。

当初はスノーケル、素潜り、泳ぎ釣りが中心でしたが、お客様のご要望により、イルカ、クジラ、南島もツアーの中に取り入れるようにしました。※Aプランという名前でツアーを行っています。
そして、更に、魚突きであちこちで潜ってる中で見つけた地形、沈没船や海中洞窟なども、お客様からのご要望を頂くことが多くなり、こちらもひとつのツアーとして行うようになりました。※Bプランという名前のツアーです。

また、当店は学校という名前がついているからか、スノーケル初めて、素潜り初めて、イルカと泳ぐのが初めて、という方が多くいらっしゃいます。
そのため、入港日初日は、スノーケルの基本と素潜りの初歩を行う講習も定期的に行うようにしました。※スノーケル・素潜り講習というものです。

さらに、素潜りの学校の発祥となった泳ぎ釣り、泳ぎづりや魚突きのツアーは、現在もCプランという名前で行っています。
※Cプランは先日、テレビに取材をいただきました。その様子がこちら

こうして、素潜りの学校は、お客様の声、ご要望を中心にツアー展開を行うようになりました。

入港日から出港日まで違う内容の小笠原では珍しいタイプのボートツアーショップとなりました。

色んな方面からの小笠原を、お客様にはご案内したいと思い、初日から最終日まで全日程違う内容の、小笠原では珍しいタイプのツアーショップとなりました。
(※初日から通しでご参加頂くお客様は素潜りの学校パックだとお得になるようにさせて頂いております)

初日から最終日まで、通しでご参加頂くお客様が多くなり、するとお客様同士が、とても仲良くなることが多いという嬉しい誤算が生まれました。

画像の説明

帰りの船でお客様同士飲んだり、内地に帰ってからも、飲み会や忘年会などが開かれているというご報告を頂いており、ちょっとしたコミュニティができあがっております。
こうした短期間にもかかわらず、お客様同士の繋がりが深い理由は少人数制ツアー、また初日から最終日まで全日程違う内容であることから、通しでご参加頂くことが多いからだと感じております。

画像の説明

宿勤務の休み時間に始まった素潜りの学校が、今では本当に多くの方々に支えられていると実感しております。

おかげさまでたくさんの方にご利用頂き、お客様の声をいただいています。
そんななか、先日、素潜りの学校がトリップアドバイザーのエクセレンス認証というアワードをいただきました。

トリップアドバイザーのエクセレンス認証とは、お客様からの高評価レビューを年間通じて、一定量投稿されている施設にのみ与えられる賞です。

まだまだ、始まったばかりの、ひよっこショップですが、自分たちが日々、小笠原の海で冒険して見つけたものを、見つけた景色を、あの場所に、あの海に、お連れできればと願っております。

とてつもないものを見に来てください。お待ちしております。^^

 

 

 

素潜りの学校の口コミはこちら
トリップアドバイザー
 じゃらん 直接

船長のプロフィール ガイドのプロフィール

素潜りの学校のフェイスブック

素潜りの学校のユーチューブチャンネル

素潜りの学校のインスタグラム

素潜りの学校のボート

 

使用船舶 アルバトロス号

素潜りの学校の使用船舶は、2015年6月進水の新造艇自社船 アルバトロス号です。設計から船長のこだわりを入れ込...

船長 おかちゃん

船長の岡崎です。おかちゃんと呼んでください。 生まれは東京渋谷区。 魚突きが趣味です。笑 30回以上の引っ越し...