スノーケルのコツ:スノーケルの選び方

こんにちは、
素潜りの学校、校長の岡崎です。

今日はスノーケルについて
お話します。

■スノーケルの器材選び スノーケル

スノーケルもまた、
それぞれ、違いがあります。

まず、最初に注意すべきなのは
スノーケルのほとんどが欧米の
口が大きい人のために作られているため、
日本人の口には大きすぎるということです。

実際に試してくわえられたらいいのですが
それでは売り物にならなくなるので
さすがに試着できる店はありません。

口よりシュノーケルのマウスピース(くわえるところ)が
大きすぎると口内炎になったり、
水がチョロチョロと入ってきて、呼吸しずらかったりしますからね。

今後、スノーケルをしていくのなら、
これもこだわったほうがいいものの一つです。

で、もうひとつ、
弁が下側についているスノーケルがあるんですね。

画像の説明

弁があると、水の排出は確かにやりやすいのですが、
砂浜などに直接おいたときに、ここに砂がからむことがあるんです。

弁に砂がからむとなかなかとれずらく、
砂が入っている間は水ががばがば入ってきます。

さらには、弁がないほうが、空気が圧縮しやすいので、
スノーケルクリアはしやすいです。

さらに言うと、スノーケルのさきっぽに妙な弁が
ついているものもあります。

ものによっては水が全く入らないのだそうですが
これもやめたほうがいいです。

素潜りの時に水の抵抗でぶるぶる震えて潜りにくいからです。

というわけで、
結論から言いますと、

ガルの
エーゲラバーという名前のスノーケルがおすすめです。

GULL スノーケル エーゲラバー GS-3021(アマゾン)
http://amzn.to/2eNkDeV

これは口のマウスピースも小さくて、なおかつ
弁もなく、スノーケルクリアもしやすい。

※余談 スノーケル?シュノーケル?

余談ですがスノーケルと呼ぶか、シュノーケルと呼ぶか
ですが、正しくはスノーケルです。

なぜかというと、英語でスノーケルのこと

snorkel

と書きます。これをシュノーケルとは、読まないからです。
英語圏の人はまず、シュノーケルとは言わないそうです。

スノーケル。

ただ、日本ではスノーケルではなく、シュノーケルのほうが
よく使われていますね。

 

★スノーケルの選び方

スノーケルの判断基準は口にあっているかどうかがひとつ、弁がついているかどうかです。

海外輸入のものは、概してスノーケルの加える部分が大きく、くわえると口からはみ出たり、口がおおきくもりあがったりすることがあります。

口にあっていないスノーケルは、口内炎のもとにもなりますので、口にあったスノーケルを買うことにこだわってもよいかと思います。

ただし、フィンやマスクと違って、スノーケルは試着ができません。口にくわえさせてくれるショップはまずないと思いますので、見た目で判断するしかないでしょう。

そして、ダイビング用のスノーケルは蛇腹部分がまっすぐになりやすいです。

これは、タンクから空気を吸うレギュレーターを加えるときに邪魔にならないようにそうなっていますが、ドルフィンスイムなど、すぐに口にくわえたいときは、手を使わないといけない為、かえって不便です。

また、スノーケルによっては弁があるものとないものがあります。弁があるとスノーケルに水が入ったときに、勢い良く息をはいたり、吸気口を手で押さえて息を吐くことによって、弁から水が排出できます。

ただし、弁はよく砂が入りやすく、一度砂が入ると、スノーケルに水が入りやすくなってしまい、泳いでいる最中にこれがあると結構やっかいです。

弁付きは砂浜の上に置いてはだめです。ご注意ください。

もとから弁がついていないスノーケルを買う人も突き人の中には多いです。構造的に単純な為、弁がついていないほうが安価です。

新宿西口のサンドウエーブという店では、弁なしのスノーケルを販売しています。

弁無しのシンプルで口が小さいものがおすすめ。

素潜りのコツ:息を長持ちさせるコツ3ポイント