ホエールウォッチング

ホエールウォッチングツアー in 小笠原父島

画像の説明

素潜りの学校でのホエールウォッチングボートツアー

1日ツアー 11000円
半日ツアー 7000円
電話:04998-2-7775(月から土の8:00~20:00)
携帯:090-4171-7093(緊急時のみ)
ラインでのお問い合わせは「こちら」をクリック!

※プライベートツアーも可能です。お問い合わせください。0499827775

ザトウクジラホエールウォッチングの期間は12月~5月 です。

ザトウクジラのホエールウォッチングは AプランBプランで行っています。

マッコウクジラは、1年中行っています。(Mプラン

マッコウクジラのホエールウォッチングはMプラン、またはボート貸切ツアーでのみ、行っています。

空き状況


■記号の意味
◎空いています 貸切対応も可能です
○空いています 貸切はできません
△残席僅か
×満員です

■予約開始時期

通常、2か月前からのご予約をお受けしています。
素潜りの学校クラブ会員の方は3か月先からご予約していただけます。

オーダーメイドプライベートツアーについては、6か月先までのご予約が可能です。

画像の説明

水面が近いので、同じホエールウォッチングでもクジラがかなり近くに感じられると思います。

クジラが近い!!イルカと泳いでいたら、後ろからザトウクジラが浮上してきた!!

クジラ・ホエールウォッチングだけではなく、イルカと泳ぐドルフィンスイムもできる小笠原だからこそ、起きるミラクル!!
沖縄や知床ではこうはいきませんよ~!!

「怖いぐらい近い!」ザトウクジラのエスコート…

ザトウクジラのエスコートを間近で見られることも・・・それはまるで「地球の息吹」・・・

こぼれ話:このときは、一頭のメスを複数のオスが追いかけて通り過ぎるて横切りのを見ていたのですが、メスが進路を急転し、こちらにめがけて突っ込んできました。それについてくるオスもこちらへ。

大迫力でした。

ザトウクジラの水中映像!

ザトウクジラが船の近くで浮上したので、とっさに防水デジカメを突っ込んでみると・・・

こちらはまた別の日・・・

更に別の日・・・

奇跡は何度も訪れる。

クジラが近くを通る時に水中デジカメを水中につっこむとこんな映像が撮れることも・・・

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

水面が近い和船だから、タイミングを逃さず、カメラだけ水の中に突っ込んで、水中ザトウクジラが撮影できます!!

カメラを落っことさないでくださいね。

注意:ホエールウォッチング中に水中にカメラつっこむのは、OKですが、船が急発進したりすることがありますので、一応、船長に一言、言ってから突っ込んで下さい。

使用船舶 アルバトロス号

画像の説明

素潜りの学校の使用船舶は、2015年6月進水の新造艇 アルバトロス号です。設計から船長のこだわりを入れ込み、こだわりにこだわった、スノーケル・ドルフィンスイム・ホエールウォッチング専門艇です。

素潜りの学校のホエールウォッチングの特徴

・和船で海面から近い為、クジラが近づいてきた時は触れるぐらい間近で見られることがあります。また、海面が近いため、クジラが近づいたときに防水カメラを水中にいれて撮影することで、水中のクジラを撮影することが比較的容易です。

・海面が低い為、クジラの撮影をしたときに、低い位置から撮影しやすいです。低い位置から撮影すると、背景が空になって、写真が映えやすいです。高い位置から撮影する場合、背景が海になることが多く、コントラストが映えない場合があります。

・ホエールウォッチング専用の水中マイク(ハイドロフォン)を積んでいます。マッコウクジラを探すツールとして、また、ザトウクジラのソングを皆さまに船上でお聞かせすることができます。

・写真撮影する際の太陽の角度を意識しながら操船を行います。

・少人数制のため、お客様の要望に細かに対応できます。潜ってなかなか出てこない場合、または、あまりアクションを起こさない場合など、お客様が移動したいということであれば、そのクジラをずっと追うということはしません。

・無線で同業の方々とリアルタイムに情報を共有させて頂いております。どこにクジラがでたという情報があれば、当船持ち味の俊足で、現場に急行します。遭遇率が高いです。

・素潜りをご希望の方には、ザトウクジラのソングが比較的聞こえやすいポイント、聞こえやすい深さにご案内して、ご自身の耳と体で、ザトウクジラの大合唱を体験していただくことが可能です。

・開放的な和船ですが、ブリッジ内に電動トイレが設置されています。トイレが近い方でも大丈夫。

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

・少人数制なので、お客様の行きたいポイント、見たいものに決め細やかに対応することができます。

ハイドロフォン(水中マイク)でザトウクジラの鳴き声を聞く

画像の説明

素潜りの学校のアルバトロス号には、クジラの鳴き声を聞くための高額な専用マイク ハイドロフォン(水中マイク)を積んでおります。ホエールウォッチング中、こちらを水中にいれて、ザトウクジラの鳴き声を聞いたり、マッコウクジラのクリック音をお聞き頂けます。

聞こえるのは「地球の鳴き声」。聞かれる方、皆さま、感動されます。素潜りでも、水深5m程度潜ると、聞こえることがあります。近い場所にいると、全身震えるような、海全体が振動しているのが船の上でも聞こえるほどの大音量のボリュームになります。

ザトウクジラの鳴き声

ツアーの流れ

8:30 青灯台集合です! 15:00前後に解散します!
料金は乗船時にお支払いください。
分からなくなった場合は電話下さい。 09041717093 岡崎

画像の説明

お客様の声

「水中でザトウクジラの親子に遭遇するという特大ハプニングもあり、森でくまさんに会ったような衝撃に度肝を抜かれました!」

お客様の声を頂きました!

画像の説明

「Played with wild dolphins! Thank you for the time like a dream.

3月23日は私の人生でも忘れられない1日となりました。

1年8ヶ月前、初めて小笠原で野生のイルカと泳いだ時、水面をちゃぷちゃぷ水平移動しかできなかった私に合わせるようにイルカはゆっくり水面を漂うように泳いでくれました。

こんなに人とのコミュニケーションを楽しむ野生動物が他にいるだろうかと、その魅力にどんどん引き込まれました。この魅力的な生き物ともっと近くでもっと心を通わせたいと願い、自分なりにトレーニングを積んできました。

残念ながら去年の3月は海で出会うことができませんでしたが、今回は運良く毎日イルカと泳ぐ機会に恵まれました!

そして、昨日はミナミハンドウイルカ達と手を伸ばせば届くような距離で始終見つめ合いながら今の私にできる精一杯の泳力で(貧血だったので無理できず)たくさんコミュニケーションをとり遊ぶことが出来ました🐬✨

夢のような時間でした✨

今回、水深5〜6Mからばっちり映像を収めてくれたマンにも深く感謝🙏

そして、最後には水中でザトウクジラの親子に遭遇するという特大ハプニングもあり、森でくまさんに会ったような衝撃に度肝を抜かれました🐋w

また一緒に泳げる日を夢見て、明日からまた陸上で頑張ろうと思います🐠=3」

画像の説明 画像の説明 画像の説明

○船長コメント

お昼休憩中も、みんなご飯を食べている最中、3点セットをつけて、沈潜ポイントでスノーケル。ヒレナガカンパチの写真を撮ってきてくれて、本当に海が好きな人なのだなぁと、見ていて思いました。

通しで参加していただいて、ツバメウオスイムに沈船、ホエールウォッチングにハシナガウォッチングなど、色々体験していただいて、「やっぱりハンドウイルカと泳ぎたい」その一言で、最終日やることは決まりました。

南島なし、クジラ無視、イルカだけのツアー。前半なかなか見つからず、冷や汗ものでしたが、後半も終わりかけのころ、イルカの情報をもらって、現場に急行。

フレンドリーなイルカと泳いだ5回目のドルフィンスイムの最中にに、ザトウクジラの浮上を水中で間近に見られて、本当に、ドラマチックな一日でした。

偶然が重なって、最高の一日となったツアーでしたが、おそらくはなるべくしてなった、この人だから、このツアーになった、と思えた一日だったように思います。

この言い方はは語弊を生むかもしれませんが、奇跡は人を選んでるように、時々、私は感じています。

この奇跡の日にツアーのご案内をさせて頂けたことに感謝します。また、ぜひ、まだ見てないものを、ご案内させて頂けたら嬉しいです。

奇跡の瞬間の動画

「あまりの迫力にみんな絶叫、大興奮!」

お客様の声
トリップアドバイザーにて、お客様の声を頂きました。^^片田様、ありがとうございます!

画像の説明

「私は父島在住の島民ですが、観光で来た姉と一緒に“素潜りの学校”のツアーに参加しました。

この日は出港してすぐに、大きなクジラを発見。船の周りを数頭に囲まれて、あまりの迫力にみんな絶叫、大興奮!

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

その後は、イルカを探してドルフィンスイムへ。船長が海に入るタイミングを教えてくれるので、写真もばっちり撮れました♪

南島にも上陸できて、いいお天気の中で絶景を堪能。信じられないくらい美しい光景の中、一緒にツアーに参加したお客さんと写真撮影で盛り上がりました。

画像の説明 画像の説明

シュノーケルのポイントでは、個人のレベルに合わせて素潜りのコツを教えてくれます。のんびりお弁当を食べたり、ゆっくり泳いだり…好きなペースで海を楽しむことができました。

小笠原の海を120%満喫し、最高の一日となりました。海のツアーが初めてだった姉も、大変感動していたようです。

こちらの船の魅力は、なんと言っても海面との距離が近いところです。間近で透き通る海を眺める感動は、大型船では味わえません。
船にトイレが付いているのも、安心できる重要なポイントです。

船長の“岡ちゃん”は、フリップを使って説明してくれたり、お客さん同士の交流を図ってくれたりと、細やかな心遣いが素晴らしいです。おかげで、海に慣れていない初対面の人同士でも、安心して和やかに楽しむことが出来ました。

次回、家族や友人を案内するときも、“素潜りの学校”にお願いしようと思います。

2015年 12月に訪問」
https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1091154-d9852303-r347775819-Sumoguri_no_Gakko-Ogasawara_mura_Ogasawara_shoto_Tokyo_Prefecture_Kanto.html#CHECK_RATES_CONT

「サンゴ豊かな浜でのシュノーケリングに子クジラジャンプがみられました!」

画像の説明

岡崎様
先日はお世話になりありがとうございました。
写真もお送りいただきありがとうございます。

当日は曇り空で風も強くとても寒くて、、
海に入る時間が少なかったのがとても残念でしたが、、
サンゴ豊かな浜でのシュノーケリングに
子クジラジャンプがみられて、楽しい1日が過ごせました。
ありがとうございます。

次の機会があれば
暖かいシーズンに素潜りを教えていただき、
目一杯海に潜ってみたいです。

植村

画像の説明 画像の説明 画像の説明

お申込みはこちら または04998-2-7775まで

「私にとって貸切は奮発しましたが、プライベートのその価値ありでした!」

先日は一日貸切ツアーありがとうございました。
素潜り講習をしていただき、娘が耳抜きができるようになったと喜んでおりました。
イルカには逢えず残念でしたが、クジラのブリーチが見てれ&サンセット素敵でした(*^^*)
私にとって貸切は奮発しましたが、プライベートのその価値ありでした!
写真も送っていただき、ありがとうございました!!
また機会がありましたら、よろしくお願い致します。

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

お申込みはこちら または04998-2-7775まで

参加条件について

・海に入る方は9歳~55歳までとさせて頂いています。
・海に入る方で、参加条件を満たさないご年齢の方でも「貸切プライベートツアー」であれば、対応できる場合があります。別途、ご相談ください。

選ぶプランについて

ザトウクジラを見たい方→12月~5月期間中に、Aプラン、Bプラン、Mプランのいずれかに予約してください。

マッコウクジラを見たい方→1年中みられます。Mプランにご参加ください。

服装について

イルカと会った時に泳ぎたい方は、スノーケルしたい方は水着着用で、泳ぐ道具は持ってくるか持参してください。
泳ぐ予定はない方は普段着で乗っていただいて結構です。船の上は風を遮るものがないので、温かい服装をおすすめします。

追伸

沖縄ではなく、ハワイではなく、知床でもなく、なぜ、小笠原なのか。
それは世界遺産に登録されていながら、おそらくは世界で最も行きにくい場所だからです。
片道24時間、週に1回しか船が出ない、一度いったら最低でも6日間は旅程が必要など、他に類をみないぐらい不便で行きにくい、船代も沖縄の飛行機代に比べて、高いところです。
でも、小笠原に来た人は口々に言います。
小笠原でよかった。沖縄やハワイではなくて、よかった。

理由は、来てみれば分かります。
小笠原は、世界一行きにくい場所であるがゆえに、人の立ち入りが自然と少なくなっており、ありのままの野生、もともとあった原生林、そして、まだ乱獲さえれずにそのまま残っている、海の中の巨大な生物達(それはクジラにかぎらず)がたくさんいるからです。

ザトウクジラ、マッコウクジラ、マンタ、イソマグロ、巨大なヒレナガカンパチ、1mを超えるコクハンアラ。

こんな場所は世界に他にないと、海に詳しい人、素潜りが好きな人であればあるほど、口々に言います。
苦労して来る価値がある島です。

皆様のお越しをお待ちしております。
でもご注意ください。

この島は人を選びます。
野生であるがゆえに、ヤワな方、準備不足な方は来たくても来れないでしょう。万が一、小笠原に「来れることになってしまった人」は、間違いなく、この島に選ばれた人です。

お楽しみに。笑

お問い合わせはこちらから

電話:04998-2-7775(月から土の8:00~20:00)
携帯:090-4171-7093(緊急時のみ)
ラインでのお問い合わせは「こちら」をクリック!

ツアーお申込みはこちら

お申込みフォームでかなり細かく入力をお願いしていますが、お客様のレベルやご希望にあったツアーを目指している為、お手数ですが、ご入力頂ければ幸いです。