Aプラン 南島上陸 海中公園 ドルフィンスイム ホエールウォッチング(※ホエールウォッチングのみ冬季限定)

Aプランの概要

料金 1日ツアー 14500円※繁忙期は+3500円
半日ツアー  8500円※繁忙期は+2500円
※他レンタル代などは料金表をご確認ください。
開催日 小笠原丸入港日の翌日
8:15~14:15 6時間
持ち物
・お弁当
・水着着用
・お飲み物
・紐のついた帽子、
 長袖ラッシュガードの日焼け対策
・ウインドブレーカー、
冬季は着替えなどの防寒対策
船上は意外と寒いです)
・酔いやすい方は酔い止め
※ツアー前に飲んできて下さい
・軍手

※他、3点セット、ウエットスーツ、ウエイトが
必要ですが、レンタル可能です(有料)、
軍手レンタルは無料。

※更衣室がないので水着は着用していらしてください。

送迎 無し
朝 8:15までに青灯台
アルバトロス号の係留している場所に集合
受講資格 ・12歳以上、55歳までのお客様(泳がない場合は8歳以上75歳まで)
(18歳未満の場合は、泳げる保護者さま
子供1一人に対して、大人一人以上同伴のこと)
・日本語が理解できるお客様、または、
 通訳できる同行者様がいらっしゃること
・学校授業で水泳を習ったご経験がおありの方
※プライベート講習では上記の条件を
満たしていなくても受講可能な場合があります。
お問い合わせ下さい。
内容 ・ドルフィンスイム(ミナミハンドウイルカ)
・イルカウォッチング(ハシナガイルカ)
・ホエールウォッチング
(ザトウクジラ:12月~5月の冬場限定)
・南島上陸
(入島禁止期間(11月~2月)はジニービーチ上陸になります)
・兄島海中公園スノーケル※半日ツアーの場合はなし→最近のAプラン

 

目次

ドルフィンスイムAプランの一日の流れ

これはモデルプランですので、必ず、この通りには進みません。
天候や海況、お客様のご要望によって内容は変更します。

8:15 青灯台集合

画像の説明

青灯台に集合してください。送迎はありませんので、青灯台まで離れた宿にお泊りの方はご自身で交通手段の手配をお願い致します。
黒い船アルバトロスが係留していますので、そちらまできてください。

そこでまず、靴底を海水で洗って頂きます。(南島の植生保護のため)
そして、当日払いの方は船に着いたら、まずは、お支払いを船長までお願いします。

それから、

・スタッフとメンバーの自己紹介タイム
・船の使い方の説明
・ドルフィンスイムの海への入り方の説明

を行います。

南島上陸 9:20-10:30

画像の説明

南島にボートから直接上陸します。
途中、鋭く尖った岩、ラピエの上を歩くことがあります。
底がやわらかい履物、ビーチサンダルなどだと、このとき怪我してしまいますので、靴底のあついものを履いてきてください。

画像の説明

また、南島は日陰がありません。
帽子、タオル、飲みものなど十分に持って行きましょう。
途中、海況がよければ、扇池で泳ぐこともあります。
マスク・スノーケルをもって上陸してもらってもかまいません。

画像の説明

■南島入島禁止期間(11月から2月)

は、ジニービーチ上陸となります。

画像の説明

ドルフィンスイム & ホエールウオッチング 10:30-12:00

画像の説明

途中、イルカがでたらイルカと泳ぎます。
イルカがいたら、南島に行く途中でも泳ぎます。
いつでもイルカと泳げるように準備をしておいてください。

冬場(12月〜5月)はザトウクジラのウオッチングも行います。

船上は風がふき、水しぶきが飛んで来るので、濡れても大丈夫な格好(カッパは無料レンタルできます)で、暖かい格好でお越し下さい。

画像の説明 画像の説明

イルカと泳いで遊ぶドルフィンスイムの様子はこんな感じ♪

 

その他のイルカの写真はフェイスブックで公開しています。

→ フェイスブック 素潜りの学校のアルバム

イルカと泳ぐときの注意

イルカがいたら、泳ぐ準備をします。
このとき、なるべくすばやく準備をするとタイミングを逃しません。

準備ができたら、ボートのふちに座ります。
船長が「右側から入ります」「左側から入ります」など、お伝えします。
指示されたほうに座って下さい。

「スタンバイ」と言ったら、足を外に出します。
しかし、このとき目の前にイルカがいても、船長が「どうぞ」というまで、海には入らないでください。

どうぞ、と言ったら、船の進行方向、後ろ側の人から海に入ります。

静かに海に入ってください。
手は使わずに足だけで泳ってください。手を使うとイルカが嫌がります。

イルカが背を向けて泳いだら、なかなか追いつけません。
あまり追いかけないでください。

イルカがいってしまったら、ガイドを中心に集まって、船が来るのを待ちます。このとき、潜ったりせず、船の方向をみていてください。

船が近づいて、船長がどうぞ、と言ったら、船に顔をあげたまま近づきます。船が風におされて急接近することがあるので、このとき、水の中を見たり、潜ったりはしないでください。

ハシゴをあがったら、奥の椅子に座って、待ちます。通常、ドルフィンスイムは2、3回泳ぎます。

兄島海中公園 スノーケル 12:00~

お昼休憩をかねることもあるし、お昼休憩をほかでとってから、海中公園にいくこともあります。

兄島海中公園は常に水が透明で魚がたくさんいて、スノーケルをすると気持ちよいです。

ただし、少し流れがあるので、流されないように注意しましょう。

画像の説明 画像の説明

スノーケル・ドルフィンスイム

イルカを探しつつ、スノーケル。
午後の内容はフレキシブルにかわります。

青灯台帰港 14:15

基本的には14時15分前後に帰港します。
6時間のツアーです。
かなり長い、一日のツアーとなりますので、全日は十分に休息をとっていらしてください。
※多少、遅れることあり。

 

空き状況カレンダー

※カレンダー右上の「予定リスト」をクリックすると、各日程の詳しい内容が見られます。
※カレンダー左上の矢印をクリックすると、前後の月の空き状況が見られます。

→最近のAプラン

 

ドルフィンスイムAプラン お客様の声

お客様の声「次回、家族や友人を案内するときも、“素潜りの学校”にお願いしようと思います。」

トリップアドバイザーにて、お客様の声を頂きました。^^片田様、ありがとうございます!

画像の説明
「私は父島在住の島民ですが、観光で来た姉と一緒に“素潜りの学校”のツアーに参加しました。

この日は出港してすぐに、大きなクジラを発見。船の周りを数頭に囲まれて、あまりの迫力にみんな絶叫、大興奮!

その後は、イルカを探してドルフィンスイムへ。船長が海に入るタイミングを教えてくれるので、写真もばっちり撮れました♪

南島にも上陸できて、いいお天気の中で絶景を堪能。信じられないくらい美しい光景の中、一緒にツアーに参加したお客さんと写真撮影で盛り上がりました。

シュノーケルのポイントでは、個人のレベルに合わせて素潜りのコツを教えてくれます。のんびりお弁当を食べたり、ゆっくり泳いだり…好きなペースで海を楽しむことができました。

小笠原の海を120%満喫し、最高の一日となりました。海のツアーが初めてだった姉も、大変感動していたようです。

こちらの船の魅力は、なんと言っても海面との距離が近いところです。間近で透き通る海を眺める感動は、大型船では味わえません。
船にトイレが付いているのも、安心できる重要なポイントです。

船長の“岡ちゃん”は、フリップを使って説明してくれたり、お客さん同士の交流を図ってくれたりと、細やかな心遣いが素晴らしいです。おかげで、海に慣れていない初対面の人同士でも、安心して和やかに楽しむことが出来ました。

次回、家族や友人を案内するときも、“素潜りの学校”にお願いしようと思います。

2015年 12月に訪問」

「子供の甘えには毅然とした態度で、できていないところは出来るまで、繰り返ししっかりと教えていただき安心感がありました。」「機転と小回りが利く少人数ツアーにして本当に良かったです。」

画像の説明
いま、帰りのおが丸で書いています。
素潜りの学校 南島ドルフィンスイムの1日ツアーに参加しました。
岡ちゃん。大変充実した1日が過ごせました。ありがとうございました。
4人家族でみなシュノーケリングの経験はほとんどなく、下の子は小学5年生で不安もありましたが、その子がシュノーケリングはもちろん、潜れるようにもなり一番上達しました。
イルカさんが手を伸ばせば触れるくらい(触ってはいけませんが)、目を見つめ合って、キュウーキュウーとお話もしてくれました。
こんなに近くで遊んでくれるなんて想像以上でした。
当日は、同行した他の家族のお子さんもおられましたので、一緒にシュノーケリング講習から始まりました。
元小学校の先生?の岡ちゃんは子供の扱いも慣れているようで、子供の甘えには毅然とした態度で、できていないところは出来るまで、繰り返ししっかりと教えていただき安心感がありました。
でも一方で、これで南島、ドルフィンと回りきれるのかなとも思いましたが、午前中は潮の流れからイルカが来ないとわかると、すぐに南島に向い、その後、潮が変わるまで動かず、近くの海上で昼食をとりました。
すると午後すぐに10頭以上のイルカの群れがやってきました。
何回もイルカさんとダイブして十分満足した後に、さらに兄島海域公園まで船を走らせ、たくさんのかわいいお魚とも泳ぐこともできました。
岡ちゃんの読みが当たり、1日で多くの体験ができ大変満足できました。機転と小回りが利く少人数ツアーにして本当に良かったです。
岡ちゃん先生と元気でチャーミングな2人の女性スタッフの皆さん、今度はシュノーケリングの穴場スポット巡りに連れて行ってください。
思い出に残る1日をありがとうございました。

お客様の声「私のような年齢でも、まだまだ色々な事にチャレンジ出来るんだと、思わせてくれた岡ちゃんに本当に感謝しています。」

ブログのコメント欄にて、「ママさん」よりご感想を頂きました♪
「素潜り学校 校長 岡崎さま

画像の説明
岡ちゃん、父島では大変お世話になりました。
9/20 スノーケル・素潜り講習、9/21 ドルフィンスイムAプランに参加させていただいた《ママ》です。東京に戻って数日経ちましたが、今でも父島での出来事が、あれは現実だったのか?と信じられない思いでいっぱいです。
スノーケルは初めて、泳げない私にとって、不安な気持ちでの参加でした。
でも、岡ちゃんの丁寧な説明・ご指導によって、貴重な体験をする事ができました。
ウェットスーツがライフジャケットと同じ働きをしてくれると聞き、とても安心して海に入る事ができました。
耳抜きが上手く出来ず、深くは潜れなかったけれど、充分に海を楽しむ事ができました。
そして船で外洋に出て、イルカと一緒に泳いだ事は一生の思い出です。
私のような年齢でも、まだまだ色々な事にチャレンジ出来るんだと、思わせてくれた岡ちゃんに本当に感謝しています。
これからもお身体に気をつけて、益々のご活躍を期待しています。
ママより」

「おかちゃんがイルカが泳いで来る方向を読んで、ちょうど良い場所でダイブさせてくれるので、間近でたくさんのイルカを見ることが出来ました。」

画像の説明
効率良くいろんなポイントを回ってくれて、サービス精神旺盛なとても内容の濃いツアーでした。

少人数制ならではの小回りの効く動きのおかげで、何度もイルカを見ることが出来ました。

おかちゃんがイルカが泳いで来る方向を読んで、ちょうど良い場所でダイブさせてくれるので、間近でたくさんのイルカを見ることが出来ました。

おかげで、小笠原の海の魅力を最大限に堪能出来、大満足でした!!
ありがとうございました!!

画像の説明

「手を伸ばせば届くんじゃないかという距離で、イルカと」

画像の説明
一人旅、そして初めての小笠原でした。思いっきり海に潜りたい!気持ち良く潜れるようになりたい!と思い、素潜りの学校パックにしました。一日目の半日講習で姿勢や呼吸法など、基礎から教えて頂き、二日目からは実践、実践、実践!おかげで思う存分楽しむことができました。

そして、今回の旅の最大の目的であった「イルカと泳ぎたい」という小さいころからの夢を、ついに叶えることができました!「岡イルカ」との練習のおかげもあって、手を伸ばせば届くんじゃないかという距離で、イルカと並走して泳ぐことができました。その感動は、言葉に表しがたいものではありますが、本当に気持ちの良い時間でした。あのイルカの優しい目は忘れられません。最高の思い出となりました。本当にありがとうございました!(榊原)

じゃらん 東京のマリンスポーツでランキング1位になりました!

じゃらん 東京のマリンスポーツでランキング1位を頂きました。

画像の説明

→最近のAプラン

船長よりご挨拶

船長の岡崎です。

ドルフィンスイムを自分が始めてやったのは8年前です。気持ち良さそうにイルカは泳いでいるなぁと思っていましたが、最初はそれ以上の面白さがあまりよく分かりませんでした。

しかし、数年前、趣味の魚突きをしに海に出ていたときに、船にぶつかりそうになるぐらいの距離をイルカが頻繁に横切るので、舵を切ったら、そのすぐ先に浅瀬があって、あのまま行ってたら座礁してた、ということがありました。

「助けてくれた?まさかな」「イルカは船の近くに寄って遊ぶこともあるし」と思い、そのまま通りすぎたのですが、そのあと、近場で魚突きをしていたら、海底で、おそらく先ほどのイルカが何頭か来て、じっとこっちを見るような感じでとまっていました。「ありがとう」と思いをこめて、ゆっくり手をあげたら、キュイキュイと顔を縦に振って、去っていきました。

まるで人と会話しているような不思議な感覚でした。もしかしたら、こっちが思ってるよりずっと、イルカは色んなことが分かってるのかもしれないと思った瞬間でした。

そして、その日は一日中、幸せな気持ちに包まれました。自分が見守られていると感じました。

それから、ドルフィンスイムをするのが楽しくなりました。やっぱり何かを思ったり、考えたりしてる気がするからです。

皆さんがイルカという存在と出会うことをお手伝いできたら嬉しいです。(素潜りの学校 船長 岡崎至晋)

お問い合わせはこちらから

電話:04998-2-7775(月から土の8:00~20:00)
携帯:090-4171-7093(緊急時のみ)
ラインでのお問い合わせは「こちら」をクリック!

ツアーお申込みはこちら

お申込みフォームでかなり細かく入力をお願いしていますが、お客様のレベルやご希望にあったツアーを目指している為、お手数ですが、ご入力頂ければ幸いです。